比較する

重ねた札束

不動産経営は、安定した収入をあげられる点が魅力の一つです。
また、管理を管理会社などに委託することも出来るため、サラリーマンなどの勤務を続けながら行うことが出来る点も魅力です。
そして、自己資金があまり無くても、収益の中からローンを返していくことが出来るという点が最大の魅力とも言えます。
ローンを返し終わったり、物件を増やしたり出来れば、大家業だけで生活していくことも可能になります。
その為にはまず、不動産経営について勉強することが大切ですので、各種のセミナーに積極的に参加して成功者の話を聞く機会を持ったり、メールマガジンなどに登録しておくのも良いでしょう。
もちろん、新聞や書籍、テレビなどのメディアを使っても不動産経営について学ぶ事も出来ます。

ローンというと、気になるのは金利です。
消費財が段階的に上げられることが決まった際には、金利が暴騰するのではないかという懸念を指摘する人もいましたが、現在のところ、金利は低めに落ち着いています。
これは、不動産投資には良い環境と言えます。
特に、自己資金が豊富で借入金利より良いレートで運用出来ている場合や、自己資金があまり無く、ローンで物件を購入している場合には、金利負担が低ければ低いほど、家賃の内実際の収益に充てられる部分が増えて有利です。
また、物件の価格自体もバブルの頃などに比べて大変落ち着いていますので、質の良い住宅を予算の範囲内で入手出来る可能性が高い環境にあります。
金融の面でも、経済の面でも、不動産投資には良い時期です。